校長に「腹くくって」と隠蔽指示 神戸の中3自殺、市教委

 いじめの聞き取りメモを隠蔽していたことについて謝罪する神戸市教育委員会幹部ら=3日午後、神戸市
いじめの聞き取りメモを隠蔽していたことについて謝罪する神戸市教育委員会幹部ら=3日午後、神戸市
写真を見る

 神戸市垂水区で2016年10月、市立中3年の女子生徒=当時(14)=が自殺した問題では、友人への聞き取りメモについて、市教育委員会の首席指導主事が校長に「腹をくくって」と露骨に隠蔽を指示していた。市教委や学校がいじめ情報を軽視し、責任を回避するような対応が実態解明を阻む事例は少なくない。

 「今更出せない」「年度末の調査報告書完成の支障になる」―。

 市教委が3日に公表した首席指導主事の動機は生々しい。校長も「メモを示して遺族感情をさらに揺さぶるのは避けたい」として、反論する形跡はなかった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]