スーパーに車、14人重軽傷 群馬、55歳男が運転過失容疑

 車両が突っ込んだスーパー=10日午後、群馬県渋川市
車両が突っ込んだスーパー=10日午後、群馬県渋川市
写真を見る

 10日午後3時55分ごろ、群馬県渋川市行幸田のスーパー「とりせん渋川店」に車が突っ込んだと119番があった。県警や消防によると、店内にいた客や従業員など6~78歳の男女14人がけがをし、うち5人が重傷を負った。

 県警は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、運転していた同市半田、無職矢島克人容疑者(55)を現行犯逮捕した。買い物を終えて帰宅するところだった。調べに「右半身がしびれ、アクセルを踏み込んでしまった」と供述しているという。

 同店関係者らによると、車は駐車場から前進して店舗の出入り口のガラスを突き破り、レジ付近まで突っ込んできた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]