成人18歳、22年春から 改正民法成立、明治以来の変更

 成人年齢に関する改正法の主な内容
成人年齢に関する改正法の主な内容
写真を見る

 成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法などが13日、参院本会議で可決、成立した。施行は2022年4月1日。1876(明治9)年の太政官布告と96(明治29)年の民法制定から続いた大人の定義が変わる。既に18歳以上に引き下げた選挙権年齢と合わせ、少子高齢化が進む中で若者の積極的な社会参加を促す政策の一環。次の焦点は、適用年齢を20歳未満から18歳未満へと引き下げる少年法の改正に移る。

 18、19歳も親の同意なしに契約を結んだり、ローンを組んだりすることが可能となる。消費者被害が懸念されるため、若年層保護の改正消費者契約法が19年6月から施行される。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]