新幹線運転士、異常音報告せず 国交相JR西に検証指示

 ボンネットの先端が割れた山陽新幹線ののぞみ176号=14日、JR新下関駅(共同通信社ヘリから)
ボンネットの先端が割れた山陽新幹線ののぞみ176号=14日、JR新下関駅(共同通信社ヘリから)
写真を見る

 石井啓一国土交通相は15日の記者会見で、14日に発生した山陽新幹線の人身事故で、運転士が異常音を聞きながら、運転指令に報告していなかったことを明らかにした。「判断が適切だったのか。なぜ報告しなかったのか。JR西日本に検証を指示した」と述べた。昨年末の台車亀裂問題に続き、安全対策への姿勢が問われそうだ。JR西は15日午後、大阪市の本社で記者会見する。

 国交省によると、JR西は内規で、走行中に異常音がした場合、運転指令への報告が必要と定めている。JR西は「小動物との衝突」と運転士が判断したため報告しなかったとしている。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]