福岡市東区でまた不審火 店舗前の紙束焼く 博多区含め今月12件目

写真を見る

 15日午前2時40分ごろ、福岡市東区箱崎3丁目の商店の前に置いてあった紙の束が燃える不審火があった。福岡東署によると、通行人が119番し、近隣住民や消防が鎮火した。けが人はなかった。今月3日以降、同区の不審火は9件目。

 県警によると、同区では箱崎地区を中心に、アパートのごみ置き場や玄関ドアの一部などを焼く不審火が相次いで発生。博多区でも吉塚2丁目と千代1丁目のマンションで同様の不審火が計3件起きている。いずれも火の気がないことから、県警は放火の疑いもあるとみて関連を調べている。

=2018/06/15付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]