千葉小3殺害、父証人尋問 娘は「日越の懸け橋に」

 昨年3月、千葉県松戸市立六実第二小3年のベトナム国籍レェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた同小の元保護者会長渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判の第9回公判が15日、千葉地裁(野原俊郎裁判長)で開かれた。父親レェ・アイン・ハオさん(35)は証人尋問で「リンちゃんは『日本とベトナムの懸け橋になりたい』と話していた」と述べた。

 遺族の法廷での発言は初めて。ハオさんは4日の初公判から毎回傍聴。インターネットや街頭で犯人の極刑を求める署名を集め、約116万人分を千葉地検に提出した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]