高校選手、試合中に審判殴る 延岡学園バスケ部 判定に不満、10針縫うけが ネットには動画拡散

 九州高校体育連盟は17日、長崎県大村市で同日開かれた全九州高校バスケットボール大会の男子準決勝で、延岡学園高(宮崎県延岡市)の選手(15)がファウルを宣告した20代の男性審判員の顔を拳で殴る暴力行為があったと発表した。審判員は口を10針縫うけがを負った。選手は失格処分、試合は没収試合となり、同校は敗退した。長崎県警大村署は傷害や暴行に当たる可能性もあるとして、関係者から事情を聴いた。

 長崎県高体連などによると、暴力行為を行ったのは1年生の留学生。福岡大大濠(福岡市)が78-66でリードしていた試合終了40秒前、ファウルを宣告した副審に近づき左顔面を1回殴った。副審は後頭部から倒れ、会場は騒然となった。

 大会関係者によると、選手は途中出場後、3回続けてファウルを宣告され「判定に不満で殴りかかったようだった」という。

 署によると、事情聴取の際、選手は署内で負傷した審判員に直接謝罪した。審判員は「(選手の)将来もあるし、バスケットボールを嫌いになってほしくない」との趣旨の言葉を掛け、事件化を望まない意向を示したという。

 延岡学園高は全国高校総合体育大会(インターハイ)の優勝経験もある強豪校。5月の宮崎県高校総体で優勝、インターハイ出場を決めており、九州高体連は全国高体連などに報告。今後、処分を検討するとみられる。

 同校の佐々木博之教頭は「負傷した審判の方にただただ申し訳ないとの思い。できるだけ早く学校として直接謝罪したい」と話し、18日に会見を行う予定。

 暴行の場面は会場で撮影された動画がインターネット上に拡散している。長崎県高体連の後藤慶太バスケットボール専門部長は「試合中の暴力行為は絶対にあってはならず大変遺憾だ」と語った。

=2018/06/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]