「三十回忌」ひばり観音像前で合唱

美空ひばりさんの写真が飾られた書院でカラオケを楽しむ参列者たち
美空ひばりさんの写真が飾られた書院でカラオケを楽しむ参列者たち
写真を見る

 歌手の美空ひばりさんの三十回忌となる24日、福岡市城南区の油山観音にある雲雀(ひばり)堂で供養祭があった。同市の彫刻家が1991年にひばりさんの観音像を奉納、福岡県などのファンが「ひばり観音を守る会」をつくり毎年開いている。

 同日は、ひばりさんをイメージした衣装を着た男性など約40人が参列。供養祭でのみ開帳される観音像前で焼香後、代表曲「川の流れのように」を合唱した。

 書院で行われたカラオケ大会では、笑顔のひばりさんの下で一人一人が熱唱。色あせない人気にファン歴60年の女性は「ひばりさんの歌はいつでもよみがえる不死鳥です」。

=2018/06/25付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]