ペットボトル形カメラで盗撮 博多署、容疑者逮捕 レンズ直径2ミリ

男が盗撮に使ったカメラ。赤い破線の丸の中心がレンズ=1日午後、福岡県警博多署(ラベルを隠しています)
男が盗撮に使ったカメラ。赤い破線の丸の中心がレンズ=1日午後、福岡県警博多署(ラベルを隠しています)
写真を見る

 福岡県警博多署は1日、ペットボトルに仕込んだ小型カメラで女性のスカート内を盗撮しようとしたとして、県迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いで同県篠栗町の会社員の男(48)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は1日午前11時ごろ、福岡市・博多駅中央街の書店で、同県の女性会社員(28)のスカートの下からペットボトル形の隠しカメラを向けて、動画を撮影しようとした疑い。

 署によると、ミネラルウオーターのようにみえる全長約20センチのペットボトルの中に小型のカメラが仕込まれていたという。ラベルで隠されたレンズは直径2ミリだった。保安員が男の不審な動きに気づき、その場で取り押さえた。

 ペットボトル形の隠しカメラはインターネットサイトなどで複数の種類が販売されており、署は盗撮など違法な利用に注意を呼び掛けている。

=2018/07/02付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]