【動画】大雨で川氾濫、不安抱え避難 福岡県内各地に避難指示

道路が崩落し、車2台が巻き込まれた国道201号=6日午前9時半すぎ、福岡県飯塚市
道路が崩落し、車2台が巻き込まれた国道201号=6日午前9時半すぎ、福岡県飯塚市
写真を見る
土砂崩れにより倒壊したとみられる家屋=6日午前11時50分ごろ、福岡県那珂川町
土砂崩れにより倒壊したとみられる家屋=6日午前11時50分ごろ、福岡県那珂川町
写真を見る
大雨で冠水した道路を進む車=6日午前7時40分ごろ、北九州市小倉北区の市役所前
大雨で冠水した道路を進む車=6日午前7時40分ごろ、北九州市小倉北区の市役所前
写真を見る

 活発な梅雨前線の影響で、局地的に大雨が降り続いた6日朝の北部九州地方。住宅が巻き込まれる土砂崩れが発生した北九州市門司区では、懸命な救出活動が続いている。福岡県内の広い地域で避難指示や避難勧告が出され、各地で土砂災害の危険性が高まっている。昨年7月の九州豪雨から1年を迎えたばかりの被災地では、避難所で住民が眠れぬ夜を過ごした。各地の交通機関も大きく乱れた。

「知人と連絡取れない」

 大雨で複数の民家に土砂が流れ込んだ北九州市門司区の現場。住民の男性は「自宅前にも土砂が大量に流れてきて、当時家にいた妻が大きな石などをどかしながら何とか脱出した。他にも連絡が取れない知り合いがおり心配だ」と話した。

【動画】浸水した福岡県小郡市のイオン小郡ショッピングセンターの店内=6日午後4時ごろ

【動画】福岡市南区の那珂川にかかる的場橋付近。川沿いの遊歩道も水没している=6日午後2時50分ごろ、読者提供

 現場近くに住む飲食店経営の男性(45)は「自宅1階に土砂が流れ込んだ。冷蔵庫も倒れ、家は泥だらけ。子どもは2階に避難させた。家族が無事だっただけでも良かった」と声を震わせた。県は自衛隊に災害派遣を要請している。

 九州豪雨の被災地、福岡県朝倉市や同県東峰村では多くの住民が避難所に。朝倉市杷木池田の「らくゆう館」では、6日午前も食料や着替えなどを手に高齢者が次々に身を寄せた。同市杷木古賀の末竹京子さん(37)は同日午前11時すぎ、娘2人と訪れた。昨年の豪雨では濁流が押し寄せ、自宅内に泥が堆積したといい「子どもたちが昨日から避難しようと言った。私も雨のたびに怖さがよみがえる」と不安げ。避難所に泊まった女性(81)は「この梅雨は3回目の避難。大雨なんて早くどこかへ行ってほしい」と話していた。

 県教育委員会によると、北九州市や福岡市などで公立小中学校400校以上が休校。一部の県立高校も休校している。

 交通にも大きな影響が出た。JR西日本によると、雨量計が規制値に達したため山陽新幹線の博多-広島間の運転を見合わせ。JR九州によると、鹿児島線は海老津-赤間間で線路が冠水した影響などで、県内の広い区間が運休した。福北ゆたか線や原田線、日田彦山線などでも一部区間が運転を見合わせている。

 高速道路も、九州道若宮IC-古賀IC間でのり面が崩落した影響などで門司IC-古賀IC間が通行止めに。午後から通行止め区間は増える見通し。西鉄によると九州道などが通行止めになった影響で、一部の高速バス路線が運行を見合わせている。

=2018/07/06付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]