青竹に「復興」の願い込め 鬼が尻たたく奇祭 星野村

鬼に尻を叩かれる星野中の生徒
鬼に尻を叩かれる星野中の生徒
写真を見る

 福岡県八女市星野村で11日、長尾大神宮の祇園祭「こっぱげ面」があった。鬼に扮(ふん)した氏子が、逃げ回る住民の尻を青竹でたたく奇祭。鬼の面をかぶった男衆が村内の住民を追いかけた。

 こっぱげは方言で「壊れる」だが、地元では相手をからかうときにも使う。由来は不明だが、たたかれると無病息災となり、厄も払うとされる。この日、星野中にも鬼が現れ、生徒を捕まえては御利益の一発を見舞っていた。

 2012年の九州北部豪雨では村全体が大きな被害を受けたが、その後、復興を遂げた。鬼の一人は「西日本豪雨の被災地復興の願いも青竹に込めました」。

=2018/07/12付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]