HIV感染告知不要と提訴 病院の就職内定取り消し

 エイズウイルス(HIV)感染を告げなかったことを理由に病院の就職内定を取り消されたとして、北海道の30代男性が13日、病院を運営する社会福祉法人「北海道社会事業協会」(札幌市)に対し、慰謝料など330万円の支払いを求めて札幌地裁に提訴した。感染の告知は不要で、内定取り消しは差別だと主張している。

 訴状によると、男性は昨年12月、道内の病院の求人に応募。HIV感染は告げず、ソーシャルワーカーとして今年2月1日付の採用が内定した。1月、男性が以前受診した際のカルテを見た病院側から「話が違う」と電話があり、男性はとっさに感染していないと答えた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]