尻に空気注入、男性死亡 傷害致死容疑で同僚逮捕

 茨城県警竜ケ崎署は14日、同僚男性の尻に空気を注入して死亡させたとして、傷害致死容疑で同県つくば市手代木、会社員吉田佳志容疑者(34)を逮捕した。容疑を認め「悪ふざけだった」と話しているという。

 逮捕容疑は13日午後5時ごろ、同県龍ケ崎市の建設重機製造・販売会社の工場でコンプレッサーを使い、千葉県柏市の石丸秋夫さん(46)の尻から空気を注入して死亡させた疑い。

 現場にいた別の同僚が119番した。注入は服の上からだったが、体内に空気が入ったことによる肺の損傷が死因だった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]