「ダブル高気圧」が猛暑の犯人 熱波生み、日差し遮る雲少なく 8月下旬から再びピーク

写真を見る

 連日の猛暑の要因は「ダブル高気圧」-。福岡管区気象台によると、列島上空には今月中旬以降、地表近くの太平洋高気圧と、高層のチベット高気圧が重なり合って居座っており、この影響で強い日差しとともに、上空から熱波が降り注いでいるという。猛烈な暑さは7月末で一段落する見通しだが、夏後半には「第2波」襲来も予想されており、暑さ対策は長丁場となりそうだ。

 気象台によると、フィリピン近海の海面水温が30度を超え、上昇気流が発生しやすくなっている。これで勢いを増した太平洋高気圧が西日本から東日本の広い範囲を覆っている。同時にインド洋付近の海面水温も高く、通常は中国大陸上空にあるチベット高気圧も、勢力を強めて東に張り出してきた。この二つの高気圧が梅雨明け後から列島上空で重なり合っている。

 高気圧は地表に向けて下降気流を発生させ、この際、圧縮された空気は熱を帯びる。下降気流は熱波となって地表に向かい、ダブル高気圧の場合、この働きがさらに強まる。さらに大気の状態が極めて安定し、強い日差しを遮る雲ができにくく、熱波と日差しの相乗効果で気温上昇をもたらしているという。

 ダブル高気圧の勢力は8月上旬には弱まり、暑さはやや和らぐ見通しだが、ウェザーニューズ社(千葉市)は「8月下旬から9月上旬にもう一度ピークが来る」と予想。再びダブル高気圧に覆われ、厳しい残暑となる恐れがあるという。

=2018/07/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]