さあ夏休み、プールにドボン! 福岡県内各地で猛暑日

かしいかえんのプールで水遊びを楽しむ子どもたち=21日午前11時半ごろ、福岡市東区
かしいかえんのプールで水遊びを楽しむ子どもたち=21日午前11時半ごろ、福岡市東区
写真を見る

 福岡県内の多くの小中学校で夏休みが始まった21日、行楽地は早速家族連れなどでにぎわった。県内各地で午前中から35度を超える猛暑日となり、福岡管区気象台は熱中症への注意を呼び掛けている。

 午前11時現在の気温は、福岡市35・6度▽太宰府市35・1度▽朝倉市34・1度。気象台によると、午後は福岡市で36度、久留米市で35度まで上がる見込みで、こまめな水分補給や休憩を促している。

 福岡市東区の「かしいかえんシルバニアガーデン」のレジャープールでは青空の下、子どもたちが色とりどりの浮輪につかまり、歓声と水しぶきを上げた。同県春日市の春日北小1年、庄崎愛菜さん(7)は「夏休みの間に5、6回は泳ぎたい」と笑顔だった。

=2018/07/21付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]