男児にわいせつ行為で実刑、埼玉 子育てサイトを悪用

 子育て支援サイトを通じて面倒を見る依頼を受けた男児2人にわいせつな行為をさせたとして、強制性交罪などに問われた東京都荒川区の無職中橋良明被告(41)に、さいたま地裁(松原里美裁判長)は30日、懲役5年(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。

 判決理由で松原裁判長は「犯行は卑劣かつ悪質。幼児教室のホームページを立ち上げるなど相応に巧妙だ」と指摘。弁護側は、被告が発達障害の影響を受けているなどとして刑の減軽を求めていたが、判決は「影響は限定的」とした。

 判決によると、昨年9月18日、さいたま市西区で、6歳と4歳の男児の服を脱がせ、互いにわいせつな行為をさせた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]