多様な性に光を 宮崎県庁がレインボーカラーに

レインボーカラーにライトアップされた宮崎県庁本館=2日午後8時ごろ
レインボーカラーにライトアップされた宮崎県庁本館=2日午後8時ごろ
写真を見る

 多様な性に光を-。宮崎県は1日から、県庁本館を性的少数者(LGBT)の尊厳を「レインボーカラー」に象徴させたライトアップを始めた。点灯は7日まで日没後の午後7時半ごろから午後10時まで。

 LGBTは同性愛者のレズビアン、ゲイ、両性愛者のバイセクシュアル、トランスジェンダー(心と体の性が一致しない人)の頭文字。県は県民の性的少数者への理解を促そうと、8月の人権啓発強調月間に合わせ、初めてライトアップを企画。本館を赤、橙、黄、緑、青、紫の6色の光で染めている。

 県人権同和対策課は「さまざまな人権問題を考えるきっかけにしてほしい」としている。

=2018/08/06 西日本新聞=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]