墜落33年、御巣鷹で慰霊 日航機遺族、空の安全祈願

 日航ジャンボ機墜落事故から33年、ろうそくがともされ犠牲者の名前が刻まれた石板に触れる女性=12日夕、群馬県上野村
日航ジャンボ機墜落事故から33年、ろうそくがともされ犠牲者の名前が刻まれた石板に触れる女性=12日夕、群馬県上野村
写真を見る

 乗客乗員520人が亡くなった1985年の日航ジャンボ機墜落事故から33年の12日、遺族らが墜落現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」に慰霊登山した。麓の「慰霊の園」での追悼慰霊式では、墜落時刻の午後6時56分に遺族や日航幹部らが黙とうし、520本のろうそくに火をともして追悼した。

 群馬県では10日に9人が死亡する防災ヘリコプター墜落が起きたばかり。航空事故が後を絶たない現状に「繰り返されるたびに胸が痛くなる」との声も上がった。

 遺族らは午前10時半ごろから墜落地点の「昇魂之碑」の前で黙とうし「安全の鐘」を鳴らして空の安全を祈願した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]