沖縄、翁長氏に最後の別れ 「信念の人、安らかに」

 那覇市内で営まれた翁長雄志沖縄県知事の葬儀=13日午後(代表撮影)
那覇市内で営まれた翁長雄志沖縄県知事の葬儀=13日午後(代表撮影)
写真を見る

 沖縄県の基地負担軽減を求め、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設阻止を掲げ続ける中、8日に67歳で死去した翁長雄志知事の葬儀・告別式が13日、那覇市の寺で営まれた。参列者らは「信念の人、安らかに」としのんだ。政界関係者や旧友、米軍関係者ら4千人以上が集まり、最後の別れを告げた。

 弔辞で稲嶺恵一元知事(84)は「健康より、沖縄に過重な基地負担を負わすべきでないとの信念を優先して去った生きざまは、永久に語り継がれる」とたたえた。

 遺族代表として長男雄一郎氏(35)が「父は沖縄への愛を力に変えて政治活動へ人生をささげた」とあいさつした。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]