なぜ?ハンバーグは福岡名物、韓国で広がるイメージ

ハンバーグの人気店「極味や」博多店には常に韓国人観光客の行列ができている=福岡市博多区
ハンバーグの人気店「極味や」博多店には常に韓国人観光客の行列ができている=福岡市博多区
写真を見る
スマートフォンに表示された「極味や」を紹介する韓国人旅行客のブログ
スマートフォンに表示された「極味や」を紹介する韓国人旅行客のブログ
写真を見る
「フクオカハンバーグ」のエッグチーズガーリックハンバーグ(同社提供)
「フクオカハンバーグ」のエッグチーズガーリックハンバーグ(同社提供)
写真を見る
フランチャイズ方式で韓国内に45店舗を展開する「フクオカハンバーグ」の店舗=釜山市・西面
フランチャイズ方式で韓国内に45店舗を展開する「フクオカハンバーグ」の店舗=釜山市・西面
写真を見る

 福岡といえばハンバーグ、ハンバーグといえば福岡。こんなイメージが韓国で広がっているらしい。確かに福岡市・天神のハンバーグ店でも韓国人観光客の長い行列を見掛けるようになった。地元の福岡市民としては「ラーメンでもめんたいこでもなく、なぜハンバーグ?」。理由を探った。

 福岡市のJR博多駅に近い「極味(きわみ)や」(松尾和幸社長)の博多店。猛暑にも負けず並んでいるのは大半が韓国人観光客だ。店を出てきた釜山市の李昭英(イソヨン)さん(29)に聞くと「福岡のハンバーグが食べたかったから」。母親の高恵淑(コヘスク)さん(60)も「焼きながら熱々をいただく食べ方、韓国にはないわ」と満足そう。

 表面だけ焼いて出てくるレアのハンバーグを、熱した石で焼きながら食べるのが「極味や」流。市内に2店舗あり、8年前に開業した天神の「パルコ本館店」は7割、「博多店」は9割が韓国人観光客ではないかという。「おいしさを突き詰めたら、この方法に行き着いた。これまでと異なる食べ方が韓国人の感覚とマッチしたのでは」。店舗管理担当のマネジャー小山亮平さん(36)は推測する。

 「煙と肉を焼く匂いがあふれ、匂いが付いても幸せ」「計画を立てる前から必ず行かねばと思っていた元祖・うまい店」…。韓国人の多くが旅行の参考にするインターネットのサイトやブログにも「極味や」の記載が目立つ。「福岡といえばハンバーグというイメージ」と話す京畿道・龍仁(ヨンイン)市のソジヨンさん(25)が、理由を教えてくれた。「韓国には『フクオカハンバーグ』という店もあるから」

   ◆     ◇

 「Fukuoka Hambageu」。釜山市の繁華街、西面(ソミョン)のNC百貨店の飲食店街を訪ねると、こんな看板が目に入った。横には梅の花を図案化した福岡県章にそっくりのマークも添えられている。

 出てきたハンバーグは「石焼き」スタイル。店員が焼き方を親切に教えてくれる。「福岡の『極味や』で食べた特別な味を韓国でも広めたいと思ったんです」。田愉斌(チョンユビン)代表(31)は率直に認めた。2012年に極味やを訪れてその味に感激、同年のうちに1号店をソウルに開いた。現在はフランチャイズ方式で45店舗を展開する。

 先進的な方法に学ぶ「ベンチマーキング」を有力な経営手法とする韓国。「パクリでは」との批判も出そうだが田代表は「牛肉やスパイスを吟味し試行錯誤しながら改良し続けている」と説明。韓国にハンバーグ店は少ないため「外食の選択肢にハンバーグが浮かぶようにしたい」と話した。

   ◇     ◆

 訪日韓国人のマーケティング会社「ホスピタブル」(福岡市)の松清一平社長(47)によると、福岡のハンバーグ店人気に火が付いたのは13年以降だという。「政府の円安誘導策もあって訪日観光客が増加したのに合わせ、人気ブロガーの『極味や』体験記のページビュー、一般ブログも雪だるま式に増えました」

 急速に「福岡名物」に“進化”したハンバーグ。松清社長は韓国での「フクオカハンバーグ」開店も要因に挙げた。ネットの検索サイトは、言葉を入力すると関連のキーワードが自動的に並ぶ。「フクオカ」を入力すると「フクオカハンバーグ」が出るようになり、福岡とハンバーグが結び付いた、というわけだ。

 さらに「地名付きの食べ物は価値が上がる」という韓国独特の“文化”も背景にある。例えば「ナガサキチャンポン」のように地名が付けば高く売れる。「オオサカタコヤキ」などのチェーン店もあり、大邱(テグ)市には今年「フクオカホルモン」という店が登場した。やはり行列のできる人気店「鉄板焼天神ホルモン」(福岡市)をまねたスタイルらしい。

 福岡の肉料理が韓国人旅行客に人気を博す一方、韓国ではサムギョプサルなどの肉料理が日本人旅行客に根強い人気。「日韓相互に肉の輸出入が禁止されている現在、互いに相手国に行って肉を味わう構図になっている」と松清社長。「肉の街として定着した福岡のインバウンド(外国人の訪日旅行)は堅調です」と強調した。

=2018/09/04付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]