「ちょうどいい田舎」出会い支援所 福岡の女性に熱視線…56組が結婚

多くの女性が訪れた「KOIBANA」PRイベント=13日、福岡市・天神
多くの女性が訪れた「KOIBANA」PRイベント=13日、福岡市・天神
写真を見る
福岡市の出張サポートセンターでは、会員男性のプロフィルをタブレットで見ることができる
福岡市の出張サポートセンターでは、会員男性のプロフィルをタブレットで見ることができる
写真を見る

 熊本県の荒尾・玉名地域の独身男性と、独身女性との出会いを支援している荒尾・玉名地域結婚サポートセンター「KOIBANA(コイバナ)」が、福岡市の女性に熱い視線を送っている。毎月1回、荒尾・玉名地域の男性とテレビ電話でお見合いができる出張サポートセンターを福岡市中心部に開く取り組みをスタート。「荒玉地域の男性とすてきな“恋の花”を咲かせて」と呼び掛けている。

 13日夜、福岡市・天神の商業施設の一角にサポートセンターが開設された。KOIBANAの結婚アドバイザーから「ご縁がありますように」との声が響き、早速、お見合いを申し込む女性の姿もあった。

 KOIBANAは荒尾・玉名地域の6市町(荒尾市、玉名市、玉東町、南関町、長洲町、和水町)でつくる有明広域行政事務組合が2010年に開設。行政直営で、登録料、お見合い料、結婚が決まった場合の成婚料もすべて無料だ。

 会員登録の条件は、男性は荒尾・玉名地域に住居や勤務先があるか、同地域の小中学校を卒業した20歳以上(学生除く)。女性は独身で20歳以上(同)ならだれでも登録できる。現在、20~80代の男女それぞれ約400人が活動中。これまでに1338組がお見合いし、56組が結婚に至った。現在も66組が交際中で着実に実績を上げている。

 荒尾・玉名地域の人口はこの10年で約8%減少した。KOIBANAの結婚アドバイザー柳原志保さん(45)は「人口減が課題になっている荒玉地域の男性に少しでも地元に残ってもらい、移住者を増やしたい」と意気込む。そこで注目したのが、20、30代では男性より女性の未婚者が多く、同地域へのアクセスも便利な福岡市の女性だ。

 会員男性の写真や動画、職業、年収などのプロフィル閲覧やお見合いは、玉名市の事務所だけで行ってきたが、今年2月から福岡市で開く出張サポートセンターでも可能に。その場で気になる相手にお見合いを申し込んだり、テレビ電話でお見合いしたりすることもできる。既に交際に至ったカップルも誕生している。

 10月20日には玉名市で、JAたまな青壮年部の男性と会員女性が防災を学びながらピザを作る婚活イベントも計画している。自らも東北から移住した柳原さんは「温かい人が多く、ちょうどいい田舎の荒玉地域にぜひ一度来てほしい」と話す。次の出張サポートセンターは10月27日午後1時から同4時、福岡市博多区のJR博多シティ10階で。要事前申し込み。KOIBANA=0968(57)5144、火・水曜定休。

=2018/09/19付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]