トラに襲われ男性職員死亡 首から出血、鹿児島市の動物公園

 男性飼育員を襲ったホワイトタイガー「リク」(鹿児島市平川動物公園提供)
男性飼育員を襲ったホワイトタイガー「リク」(鹿児島市平川動物公園提供)
写真を見る
 立ち入りが規制された、ホワイトタイガーが飼育員を襲ったとみられるおりの周辺=9日午前、鹿児島市平川動物公園
立ち入りが規制された、ホワイトタイガーが飼育員を襲ったとみられるおりの周辺=9日午前、鹿児島市平川動物公園
写真を見る

 8日午後5時5分ごろ、鹿児島市平川町にある鹿児島市平川動物公園のホワイトタイガーのおりの中で、飼育員の古庄晃さん(40)=同市=が首から血を流してあおむけに倒れていたのを別の職員が発見した。県警などによると、古庄さんは病院に搬送されたが死亡が確認された。一般客にけがはなかった。

 同動物公園によると、ホワイトタイガーは5歳の雄の「リク」で、体長約1・8メートル、体重約170キロ。古庄さんは襲われ、首をかまれた形跡があり、リクと同じおりの中の展示スペースにいた。救助のために職員の獣医師が麻酔銃を撃ち、リクを眠らせた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]