授業中に児童盗撮 小学教諭を懲戒免職 福岡市教委

 福岡市教育委員会は11日、授業中にデジタルカメラで女子児童を盗撮したとして、中央区の小学校に勤務する男性教諭(44)を懲戒免職処分にした。男性教諭は「撮影する緊張感を味わっていたのかもしれない」と話し、盗撮を認めている。

 市教委によると、教諭は5年生の担任。聞き取り調査に対し、男性教諭は9月27日と10月1日、同学年で別のクラスの授業を受け持った際、私物の小型カメラで女子児童のスカートの中を動画撮影したことを認めたという。県警が男性教諭から事情を聴いている。

 女子児童2人からの「撮られたかもしれない」との訴えで学校側が調査。男性教諭は当初否認したが、その後の市教委の聞き取りでは認めた。昨年の2学期ごろから授業中に複数回盗撮したことも認めているという。男性教諭は「視聴目的だった。カメラや記録媒体は壊して捨てた」とも話しており、ネットなどでの外部流出は否定している。

=2018/10/12付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]