花嫁衣装が夕日に映える 「光の道」福岡・宮地嶽神社 境内でブライダルショー

写真を見る

 玄界灘に延びる参道上に夕日が沈む「光の道」で有名な宮地嶽神社(福岡県福津市)の境内で20日、夕日の中でのブライダルファッションショーが開かれた=写真。

 同神社では2月と10月の数日間だけ「光の道」が見られ、参拝客でにぎわう。28日までがその期間にあたるため、同神社は夕日の中でのショーを特別企画。ブライダルファッションデザイナー、桂由美さんの新作40点を披露した。来場した桂さんは「神社でのショーは初めて。神社に似合うドレスをもっと作ってみたい」と語った。

 大しめ縄をかけた拝殿を背景に、純白のウエディングドレス、ドレス生地で仕立てた打ち掛け、イブニングドレスなどをまとったモデルが次々と登場。観客の中には挙式を控えたカップルも交じり、夕日に映えるドレスをスマートフォンで撮影しながら、うっとりとショーに見入っていた。

=2018/10/21付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]