大豆成分で再発乳がん抑制 熊大などのグループ効果確認 新薬開発つながる可能性

 がん研究会(東京)や熊本大などの研究グループは、大豆から抽出・精製した物質「グリセオリン1」に、再発した乳がん細胞の増殖を抑える効果があることを実験で確認し、英科学誌電子版に発表した。新たな治療薬開発につながる可能性がある。

 熊本大発生医学研究所の中尾光善教授(細胞医学)によると、乳がんの6~7割は女性ホルモンのエストロゲンを細胞増殖に利用するタイプで、分泌を抑制する薬で小さくできる。しかし、がん細胞がエストロゲン受容体(ER)の数を増やし吸収力を高めて耐性を持つようになり、1年程度で再発することが少なくないという。

 これまでの研究で、再発した乳がん細胞にエストロゲンを大量投与し、がん細胞に過剰に吸収させることで、逆に増殖を抑えられることが分かっている。

 中尾教授らは今回、エストロゲンに似た構造の物質を多く含む大豆に着目。大豆をすりつぶした抽出液を分子の大きさで分け、再発乳がんのモデル細胞に加えると増殖が抑えられた。詳しく調べた結果、グリセオリン1の働きであることを確認。エストロゲンよりも抑制効果が高かった。

 グリセオリン1は、ERから吸収されないことから、エストロゲンと異なる形で再発乳がん細胞に作用しているとみられ、異なるタイプの乳がん細胞への効果も期待できるという。中尾教授は「今後、グリセオリン1が作用する仕組みを解明したい」としている。

 研究に参加した大豆エナジー(熊本市)の井出剛社長は「大豆からは今回の研究以外にも、薬理性の高い天然化合物が採取できる。今回の結果を機に医薬品分野に進出したい」と語った。

=2018/10/24付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]