横領容疑で弁護士逮捕、大阪地検 1億8千万円

 大阪地検特捜部は1日、預かり金約1億8千万円を着服したとして、業務上横領容疑で大阪弁護士会所属の弁護士洪性模容疑者(66)=堺市西区=を逮捕した。認否は明らかにしていない。

 大阪弁護士会などによると、洪容疑者はビル管理会社が滞納者に賃料を求めた訴訟で代理人を務め、同社に支払われる賃料相当損害金を管理する業務に従事していた。

 逮捕容疑は2013年5月、自身が管理する口座に入金された損害金約944万円を出金し着服した疑い。さらに13年7月~14年12月、18回にわたり、管理口座に入金された損害金約1億7279万円を自分名義の口座に送金した疑い。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]