空自築城基地で日米共同訓練始まる 米軍機6機飛来

航空自衛隊築城基地に飛来した米軍三沢基地のF16戦闘機=5日午前11時半ごろ
航空自衛隊築城基地に飛来した米軍三沢基地のF16戦闘機=5日午前11時半ごろ
写真を見る

 航空自衛隊築城基地(福岡県築上町など)で5日、米軍と空自の共同訓練が始まり、米軍三沢基地(青森県)のF16戦闘機6機が築城基地に飛来した。訓練は8日まで。在日米軍再編に伴う訓練移転の一環で、築城基地では昨年に続き7回目。

 防衛省によると、米軍のF16戦闘機6機と米兵約90人が参加。築城基地のF2戦闘機10機とともに、四国沖空域で空中戦の訓練などをする。

 築城基地では、所属するF2戦闘機2機が2日に長崎県沖の洋上で接触事故を起こし、この2機は参加しなかった。

=2018/11/06付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]