「ママ活」補導相次ぐ バイト感覚、小遣い稼ぎ 犯罪被害の危険性も

ツイッターに投稿された「ママ活」募集の書き込み
ツイッターに投稿された「ママ活」募集の書き込み
写真を見る
写真を見る

 「援助してくれるママを募集してます」。会員制交流サイト(SNS)などに書き込んで知り合った年上女性とデートした見返りに金銭をもらう援助交際が、若い男性の間で広がりを見せている。女子中学生や高校生が年上の男性に援助を求める「パパ活」が2年前から横行。ママ活は、その“男性版”としてここ1年半で増え始めたと専門家は指摘する。福岡県でも男子高校生や大学生が相次いで補導されている。

 「学費が足りず、ママ活中」「顔に自信あり」。男子大学生(20)は今夏、ツイッターにこんな投稿をした。パパ活中の友人女性から「体の関係なしでお金をくれる」と言われ、バイト感覚で始めた。

 40代女性の食事や買い物に付き合って1万円もらった。服も買ってもらったが、会う回数が増えるうちに待ち伏せされたり、求婚されたりした。大学生は「軽い気持ちで始めたが、ストーカーのようになり怖くなった」と振り返った。

 福岡県では男子高校生(17)が9月、ツイッターで「ママ活したい」と投稿。身分を隠して連絡を取った警察官に「2時間カフェで会うのに7千円」と返信し、補導された。「バイトをやめたので、お金がほしかった」と話したという。県警は、金銭目的の交際呼び掛けが深夜徘徊(はいかい)や喫煙と同様の「不良行為」に当たると判断。他にも「ママ活募集」などと書き込んだ男子大学生と男子高校生を補導した。3人は他人のツイッターをまねて、初めて書き込んだという。

 警察庁によると、ネット上の書き込みを監視し、警察官が身分を伏せて接触する「サイバー補導」により、昨年は全国で1187人(少女1088人、少年99人)を補導。前年比で325人増えた。福岡県では204人が補導されている。

 ネット上のトラブル相談に応じる「全国webカウンセリング協議会」によると、ここ1年半はパパ活に加えてママ活の相談が増え始めた。性行為目当ての「パパ」が多いのに対し、「ママ」になる女性は「寂しさを解消したい」という動機が大半という。今年に入りママ活専用の出会い系アプリも目立ち始め、SNS上では「姉活」や「兄活」という投稿もある。

 「パパ活の社会学」の著書がある坂爪真吾氏は「パパ活やママ活は自分の都合で日時を決めることができ、報酬も相場で2、3万円と一般的なバイトより高額。小遣い稼ぎが多いが、中には親の借金や奨学金返済のためといった切実な子もいる」と話す。

 「パパ活」「ママ活」と呼べば言葉は軽いが、相手から脅されて性行為を強要されたり、逆に金銭を要求されたりする被害とも紙一重だ。同協議会の安川雅史理事長は「犯罪に巻き込まれる危険性が高い行為。安易な気持ちでやらないでほしい」と強調する。

   ◇    ◇

 モラル教育に注力 福岡県警

 中高生らがパパ活やママ活に手を出さないよう、福岡県警はサイバー補導とともに教育にも力を注ぐ。

 福岡県内のサイバー補導人数は、県警本部のみで担当していた2013年は2人、14年は5人。県内15署と少年サポートセンター5カ所に拡充した16年は163人、17年は204人に増加した。補導した少年の7割は非行歴がなく、8割は「小遣い稼ぎ」で援助交際をしていた。約3割は相手からわいせつ行為を受けたり、裸の画像を撮影されたりしていた。

 県警は中学校や高校などに警察官を派遣する「非行防止教室」を毎年1000回以上実施し、援助交際をしないよう呼び掛けている。16年からは児童養護施設や児童自立支援施設にも出向く。

 今年は、援助交際で暴力団と知り合い、売春行為に至った女子高校生を題材にした教材用DVDも製作。県内の計約570校に配布した。少年課の中村宗雄次席は「非行に至らないよう、監視と啓発の両輪で少年を守りたい」と話した。

=2018/11/13付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]