元貴乃花親方が陸自車両運転 内規違反、隊員を口頭注意 田川市のイベント会場

 福岡県田川市で今月上旬に開かれた「TAGAWAコールマイン・フェスティバル」の会場内で、訪れた元貴乃花親方が陸上自衛隊の四輪駆動車を運転する一幕があった。陸上自衛隊西部方面総監部(熊本市)は、内規に違反しており不適切だったとして、現場にいた自衛官4人に所属長が口頭注意したことを明らかにした。

 同総監部によると、元親方が陸自車両を運転したのは祭り2日目が始まる前の4日午前9時半ごろ。知人男性と隊員募集の広報ブースを訪れた元親方に、自衛隊福岡地方協力本部飯塚地域事務所の隊員が荷物運搬用の四駆車に乗車を促し、元親方は運転席に座った。

 隊員らが写真を撮っていたところ、元親方がエンジンを作動させて発進。会場の公園内を1周(数十メートル)し、ブースに戻ってきた。周囲に人は少なかった。

 陸自は内規で車両の運行について「資格を持った隊員が運転する」と定める。同総監部は「民間の人に許可を出すことはない。近くにいた隊員が制止を求めたが、伝わらなかった。運転できないと説明すべきだった」。一方、同乗した知人男性は「制止はなかった。止められなかったから運転を容認されたと思っていた」と話し、元親方は「悪いことをした」という趣旨の話をしているという。

 元親方は田川市のたがわ魅力向上大使(観光大使)を務めており、祭りに参加していた。

=2018/11/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]