「マークイズ」開業 初日からにぎわい 30分前倒しでオープン

開業初日からにぎわう「マークイズ福岡ももち」=21日午前、福岡市中央区
開業初日からにぎわう「マークイズ福岡ももち」=21日午前、福岡市中央区
写真を見る
開業初日からにぎわう「マークイズ福岡ももち」=21日午前、福岡市中央区
開業初日からにぎわう「マークイズ福岡ももち」=21日午前、福岡市中央区
写真を見る

 福岡市中央区のヤフオクドーム隣接地に大型商業施設「マークイズ福岡ももち」が21日、開業した。施設前には開店を待つ約2000人の行列ができ、当初予定より30分前倒しして午前9時半にオープン。初日から大勢の買い物客でにぎわった。

◆2000人の行列ができた「マークイズ福岡ももち」

 マークイズは三菱地所の旗艦商業施設のブランドで九州初進出。2016年3月に閉鎖したホークスタウンモール跡を再開発した。福岡県内初出店41店を含む163店で構成。日用雑貨や飲食店を充実させ、地域住民の「日常使い」を意識している。

 午前4時ごろから並んで「一番乗り」となった福岡県糸島市の病院職員吉川康高さん(31)は「家族の思い出となるように早く来た。家族みんなで楽しめそう」と笑顔を見せた。オープンの式典には福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩選手も出席。「ドームの隣にこのような大きな施設ができてうれしい」と語った。

=2018/11/21付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]