認知症の父親置き去り疑い、神戸 高速PAに、46歳娘逮捕

 兵庫県警有馬署は26日、認知症気味の父親(79)を神戸市の中国自動車道のパーキングエリア(PA)に置き去りにしたとして、保護責任者遺棄の疑いで大津市、無職田中律子容疑者(46)を逮捕した。

 同署によると「自分が面倒を見るより、警察に保護してもらって施設に入った方がいいと思った」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は22日午後6時45分ごろ、神戸市北区長尾町上津の中国道赤松PAに、父親を遺棄した疑い。父親の健康状態に問題はない。

 22日夜、PAのコンビニ店員から「さまよっている高齢者がいる」と県警高速隊に通報があり発覚した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]