大阪の警官、特殊詐欺見抜けず 「息子」と電話でやりとり

 11月下旬、金融機関からの通報で駆け付けた大阪府警港署の50代の男性巡査部長が、窓口で多額の現金を引き出そうとしていた高齢女性に声を掛け、息子をかたる男と電話でやりとりしたが、特殊詐欺事件と見抜けなかったことが4日、府警への取材で分かった。

 府警によると、女性はそのまま出金し、息子の代理人を名乗る男に現金約300万円を手渡した。その後、実の息子からの電話で詐欺だったことが発覚。府警は各署に注意を呼び掛けた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]