「心は死んだ」母親、涙の意見陳述 保育士殺害事件公判

肱岡綾音さん
肱岡綾音さん
写真を見る

 福岡市南区で2016年10月、保育士の肱岡(ひじおか)綾音さん=当時(28)=が刺殺された事件で、殺人などの罪に問われた住所不定、無職冨士田清治被告(49)の裁判員裁判が7日、福岡地裁(中田幹人裁判長)であり、検察側は「強固な殺意が認められ更生も困難」として無期懲役を求刑した。弁護側は「可能な限り早期の社会復帰を求める」と主張し結審した。判決は19日。

 動機について「事件の2日前に肱岡さんとみられる女性ににらまれた」とした被告の供述について、福岡県警の捜査員は「防犯カメラの映像から2人が接触した可能性はない」と証言。論告で検察側は「虚偽の供述をし、真摯(しんし)に反省していない。被害者には何の落ち度もなく、未来を奪われた無念さは想像を絶する」と述べた。また、別の強盗殺人未遂事件の刑期満了直後に今回の事件を起こしたことを踏まえ「再犯の恐れが極めて大きい」とした。

 弁護側は最終弁論で、金品目的の犯行ではなく、積極的な殺意もなかったと主張。被告は自らの問題点を再確認し、更生の意欲もあると述べた。冨士田被告は「このような罪を犯してしまい本当にすみません。更生できるよう日々努力したい」と話した。

   ◇    ◇

 「私の心は、娘と一緒に死んだ」 母親、涙の意見陳述

 7日の公判では、肱岡綾音さんの両親の意見陳述があった。当初は裁判官による代読を希望していた母親は、公判を通じて事件当時の娘の姿を知り、自分で話すと決めた。周りを明るく照らす太陽のような存在だった、大切な娘のために。

 被告は公判で「(被害者の)最後の言葉は『助けて』だった」と述べていた。それを知った母親は「娘のために自分で意見陳述しなければ」と思ったという。陳述は別室から音声や映像を届けるビデオリンク方式で行われた。

 「当たり前にあるものとして、娘の将来を想像していました」。結婚や出産。子育ての悩みを一緒に考えること。料理を教えること。孫をプールで遊ばせること…。手の届くところにあったはずの幸せだった。

 2016年10月15日。その未来が一転した。娘の入院中は「娘が逝ったら、私も一緒に逝こう」と思い詰めていた。「その考えが私を生かしていた」という。

 同22日、娘は逝った。母親は1人で外出できなくなり、車にも乗れなくなった。仕事も辞めた。「私の心は、娘と一緒に死んでしまったと感じました」

 納骨はできず、今も一緒に生活しているつもりでいる。それでも、身を切るような思いが湧き上がる。「娘の温かい体を抱きしめたい。『お母さん』と言ってほしい。戻ってきてほしい」。最後に「娘を返してください」と涙ながらに訴えた。

 父親は、初めて事件について語ったという肱岡さんの弟の言葉を明かした。「自慢の姉でした。亡くなった時はとにかく泣いて、泣きやんでは泣いて、一生分かそれ以上泣いた」。父親は被告に「強く極刑を望む」と述べた。

=2018/12/08付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]