「仕事始め、どうすれば……」 帰省客、疲労濃く 新幹線駅や高速道混乱 熊本で震度6弱

九州自動車道みやま柳川インターチェンジ(IC)-熊本IC間が一時通行止めとなり、一般道に出る車両の長い列ができた(画像の一部を加工)=3日午後8時20分、福岡県みやま市瀬高町
九州自動車道みやま柳川インターチェンジ(IC)-熊本IC間が一時通行止めとなり、一般道に出る車両の長い列ができた(画像の一部を加工)=3日午後8時20分、福岡県みやま市瀬高町
写真を見る
代替輸送のバスから降り、改めて新幹線改札口などへ向かう利用客ら=3日午後11時30分ごろ、熊本市西区のJR熊本駅新幹線口
代替輸送のバスから降り、改めて新幹線改札口などへ向かう利用客ら=3日午後11時30分ごろ、熊本市西区のJR熊本駅新幹線口
写真を見る

 熊本地方を3日に襲った震度6弱の地震が、年末年始を古里や行楽地で過ごした人たちのUターンラッシュを直撃した。九州新幹線の博多-熊本間は終日運転見合わせとなり、上下線で一時、乗客計約280人が新幹線内に閉じ込められた。JR博多駅をはじめ沿線の各駅では、大きな荷物を抱えた帰省客でごった返した。

 JR九州は線路の安全確認のため、地震発生直後に博多-熊本間で運転をストップ。JR博多駅では改札口やホーム付近に人だかりができ、チケットの払い戻しを求める長い列ができた。

 「あす熊本に赴任予定だったのに。着任が遅れそうだ。大変な正月になった」と福岡市東区の不動産関連会社社員の松原聡司さん(40)。鹿児島県出水市の女性会社員(46)は「明日は仕事始めなのにどうしよう。在来線で行ける所まで行った方がいいだろうか」と話した。

 大阪から鹿児島に新幹線で向かっていた鹿児島市の会社員有田勝一さん(36)は「車内放送で地震があったことを知り、博多駅で列車を降ろされた。楽しい旅行の最終日にこんなことがあるなんて…」と肩を落とした。

 午後6時半ごろ、九州新幹線に乗っていた大阪市の男性会社員(35)は「福岡県久留米市内で緊急地震速報が一斉に鳴り、停電した。子どもの泣き声が聞こえ、体調不良を訴える乗客もいた。停電は20分ほどで解消されたが、車内に1時間ほど閉じ込められ驚いた」。

 佐賀県神埼市に帰省中だった鹿児島大3年の内田颯人さん(23)はJR久留米駅で足止めをくらった。「運転再開の時間が分からないので、今日は実家に戻ります」

 JR熊本駅も利用客があふれた。午後7時26分の新幹線で新大阪駅に戻る予定だった20代の男性会社員は「お土産を選んでいるときに地震が起きた。3年前の熊本地震より揺れは大したことなかったが、緊急地震速報のアラームが怖かった」と振り返った。

 帰省中の娘を熊本駅まで見送りに来た40代の母親は「3年前の地震で傷んだマンションの修復を終えたばかりなのに。またこんなことがあるとは…」と不安そうな表情を浮かべた。

 九州自動車道のみやま柳川インターチェンジ(IC)-熊本IC間も一時通行止めとなり、九州の交通網は地震直後から混乱が続いた。

=2019/01/04付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]