【動画あり】ぽかぽか七草がゆ 福岡

福岡市植物園で振る舞われた七草がゆに笑顔を見せる子どもたち=6日、福岡市中央区
福岡市植物園で振る舞われた七草がゆに笑顔を見せる子どもたち=6日、福岡市中央区
写真を見る

 6日は本格的な寒の入りとされる二十四節気の「小寒」。九州は高気圧に覆われ、一部地域を除いて晴れ間が広がった。

 福岡管区気象台によると、福岡市の最高気温は平年より2度ほど高い13.2度。大分市や佐賀市でも13度以上を観測し、2月下旬から3月上旬並みの暖かさだった。

 この日、福岡市植物園(同市中央区)では七草がゆが振る舞われ、来園者は一年の無病息災を祈りながら季節の味を楽しんだ。同市西区の姪北小2年の柳このはさん(8)は「体の芯までぽかぽかに温まる」と笑顔でほお張った。

 気象台によると、9日は寒気が入り平年並みの寒さに戻るが、10日以降は3月上旬並みの暖かさになる見込み。

=2019/01/07付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]