“大胆な手口”2中国人、ホテル荒らし容疑 福岡県警が再逮捕へ

写真を見る

 観光を装って来日し、ホテルの客室に侵入して窃盗を繰り返したとして、福岡県警は窃盗の疑いで、中国籍の40代の男2人を近く再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。防犯カメラのない客室フロアで、宿泊客が就寝中に針金のような用具でドアを解錠する“大胆な手口”。県警は、急増する訪日外国人客に紛れてホテル荒らしをする中国人窃盗団とみて調べている。

 2人は昨年11月17日、福岡市博多区のホテルで、針金に似た特殊用具を携帯した容疑で現行犯逮捕され、別のホテルの客室に侵入して現金約6万4千円を盗んだとして窃盗容疑などで再逮捕、起訴された。

 捜査関係者によると、その後の捜査で、2人は県外の宿泊施設でも同様に客室に侵入して盗みをした疑いが強まったという。

 2人は、宿泊客が財布を室内に置いている就寝中を狙い、廊下でいびきなどに耳を澄まして寝ていることを確認。V字形に曲げた針金のような特殊用具をドア下に差し入れてドアレバーを操作。ホテルの多くがオートロックのため、客室側からはレバーを下げれば鍵が開くことを悪用した。

 県警は2人が全国各地を転々としながら、客室フロアに防犯カメラがない施設を狙ったとみている。

 同様の手口による被害は関西地方などでも確認されており、別のグループによる犯行とみられる。県警は手口が中国国内で広まっている可能性もあるとみて警戒している。

 日本政府観光局によると、2017年の中国からの訪日客数は約736万人で、ここ5年で約5倍に増加。九州7県では約185万人だった。

=2019/01/15付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]