「山根前会長から強い圧力」女性に暴力発覚後も指導 東福岡高ボクシング部前監督 県連盟は除名後、撤回

 出場資格のない部員を選手登録したとして無期限の謹慎処分を受けた東福岡高校ボクシング部の40代の男性前監督が、2015年に飲食店の女性従業員を殴る暴力事案を起こしていたことが関係者への取材で分かった。同校はこの事案を把握していたが、「事実関係を確認できない」として、その後も部活の指導や体育の授業を担当させていた。

 当時、福岡県ボクシング連盟は事態を重くみて前監督をいったん除名処分(永久追放)としたが、上部団体の日本ボクシング連盟から前監督を復帰させるよう要請があり、処分を撤回したという。県連盟の関係者は「当時の山根明会長から強い圧力があった」と証言する。

 暴行現場に居合わせた複数の関係者によると、前監督は15年7月、福岡市内の飲食店で女性従業員に抱きついて一緒に地面に倒れ込み、覆いかぶさりながら腹を数発殴ったという。前監督はボクシング経験者で、高校時代に全国大会で優勝した経歴を持っている。

 同校によると、「監督が女性を殴った」との情報提供があったため聞き取り調査をしたが、前監督は「酒を飲んでいて覚えていない」「女性側と和解が成立している」などと説明。同校は前監督を厳重注意したが、それ以上の調査はしなかった。16年度の1年間はコーチに降格させたものの部活指導は継続。山口健吾副校長は「学校の調査権限には限界があり、やむを得ない判断だった。今後は部活での指導や授業には当たらせない」と釈明した。

 一方、県連盟は「ボクシング指導者としてあるまじき行為」として15年9月に県連盟の役職を解任し、16年3月には除名処分にした。これに対し、山根前会長が県連盟側に「(前監督を)戻さなければ、県連盟に対し強制的な指導を行う」と繰り返し要請してきたという。県連盟は要請を受け入れ、17年1月に処分を解除した。

 取材に対し、日本連盟は「前体制のことなので詳細は不明だが、前監督から相談を受けた山根前会長による圧力があったと把握している。本来なら厳しい処分をすべきだった」と説明。山根氏は、前監督と面識があることは認めたが「僕はもうボクシングに一切タッチしていない。一般市民になっているので答える必要はない」と話した。山根氏は昨年8月、助成金の不正流用などの責任を取って日本連盟会長を辞任している。前監督は取材に応じていない。

 前監督は昨年11月の県高校ボクシング新人競技大会で、「競技経験8カ月以上」の出場資格を満たさない1年生部員6人を不正に選手登録。うち3人は実際に試合に出場し、1人は試合後に体調不良を訴えた。

■教員としての適格性疑う

 中京大の近藤良享教授(スポーツ倫理学)の話 格闘家としての技能を有する人物による暴力は、一般人以上に厳しく刑法が適用される。教員としての適格性が疑われる事案でもあり、学校側は情報を把握した段階で警察に相談すべきだった。仮に、部活動での実績があるからという理由で黙認されていたとすれば、隠蔽(いんぺい)と非難されても仕方がないだろう。子どもが安全・安心な環境で教育を受ける権利は憲法で保障されており、教育機関が社会から不信感を持たれること自体に問題がある。競技団体としても、厳正に対処すべきだというのは言うまでもない。

=2019/02/21付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]