「イライラして蹴った」ネットに虐待動画拡散、母を逮捕 福岡県警春日署 6歳次男に暴行容疑 

 幼稚園に通う6歳の次男を何度も蹴ったとして、福岡県警春日署は8日、暴行容疑で、同県春日市の無職の母(39)を逮捕した。インターネット上に虐待の様子の動画が投稿され、発覚した。「(次男が)うそをつき、イライラして蹴った」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は5日昼、自宅で、次男の背中や腹を複数回蹴った疑い。次男にけがはなかった。

 動画には、「何で同じことするんだよ」などと怒鳴り、横たわって泣く男児を蹴る姿が映っていた。県警に7日、動画を見た匿名の人から通報があり、調べていた。次男は「お母さんに蹴られた。背中が痛かった」と話しているという。

 署によると、次男は中学生の兄(13)と両親の4人暮らし。事件当時、父親は不在だったとみられる。福岡児童相談所(春日市)は今回の事件を受け、長男と次男を保護した。

 昨年4月に同署は、次男の目の前で母が長男につかみかかる虐待をしたとして児相に通告。児相は両親を指導した上で保護の必要はないと判断し、関係機関に注意を呼び掛けていた。児相は「当時、兄にひどい傷はなく、弟への暴力も確認されていなかった」としている。

=2019/03/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]