心も安全もピカピカ ランドセルカバー製作 城南区のメーカー

生産のピークを迎えたランドセルカバー。より目立つ蛍光色が増えているという
生産のピークを迎えたランドセルカバー。より目立つ蛍光色が増えているという
写真を見る

 心も安全もピカピカに。新1年生の入学を前に福岡市城南区友丘のプラスチック製品製造会社「アサヒビック」(笠敏彦社長)で、交通安全のランドセルカバー作りがピークを迎えている。九州・沖縄各地の市町村向けに約6万枚を春休み前までに届けるという。

 定番は黄色カバーだが、同社ではここ数年、蛍光色も採用している。背景には、共働き家庭の増加などで児童の帰宅時間が遅くなる傾向があり、より目立たせる工夫をしている。笠社長は「事故や犯罪に巻き込まれぬよう、少しでも役に立てたら」と話している。

=2019/03/09付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]