水風呂虐待、女児が誓約書 殺人未遂容疑、母ら再逮捕 筑紫野署

写真を見る

 福岡県筑紫野市で8歳の長女を水風呂に入れてけがをさせた事件で、筑紫野署は14日、別の日にも水風呂に入れて殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで、いずれも筑紫野市、アルバイトの母親(29)と、内縁の夫で自営業八尋潤容疑者(29)を再逮捕した。自宅から長女が「うそをつかない」などと書いた誓約書が見つかり、八尋容疑者は「誓約を破ったら水風呂に入れていた」と説明。署は水風呂に入れる虐待を繰り返したとみている。

 再逮捕容疑は昨年12月29日午前6時半ごろ、自宅で小学2年生の長女の両手両足を縛り、全裸で水風呂に入れて殺害しようとした疑い。2人は容疑を認め、八尋容疑者は「たたいてあざが残るといけないと思った」と話しているという。

 署によると水温は11度程度で浴槽いっぱいに水が張られていた。長女は一時意識を失ったが、その後意識を取り戻したため2人は病院に搬送しなかった。署は溺死などの危険があったとして殺人未遂容疑を適用。嫌がる女児を水風呂に入れる様子を撮影した画像も押収した。数時間水風呂に入れたこともあったという。

 誓約書はA4判の紙に「いわれたことはいちどできく」「わがままをいわない」など平仮名で10項目が書かれ、長女の机の前に貼られていた。昨年11~12月に書いたとみられ、長女は「家族会議で決めた」と話しているという。

 2人は今年1月に長女を水風呂に入れてけがをさせたとして傷害容疑で逮捕され、母親は暴行罪、八尋容疑者は同罪と傷害罪で起訴された。

=2019/03/15付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]