九州大で卒業式 2538人が門出 「社会に役立てるよう邁進する」

九州大の卒業式で学位記を受け取る卒業生=20日午前10時半すぎ、福岡市西区
九州大の卒業式で学位記を受け取る卒業生=20日午前10時半すぎ、福岡市西区
写真を見る

 九州大の学位記授与式(卒業式)が20日、福岡市西区の同大伊都キャンパスの椎木講堂であり、2538人が門出を迎えた。久保千春学長は、各学部の総代12人に卒業証書にあたる「学位記」を授与し、「学問の分野は広い。学びの姿勢を続けていくことを願っている」と激励した。

 卒業生を代表し、文学部の桑原妃美子さん(23)は「自分の目指す姿に向かい、常に何ができるか考え、努力を続ける大切さと得られる学びの大きさを知ることができた。この経験を生かし、社会に役立てるようまい進することを決意します」と答辞を述べた。

 はかまやスーツ姿の卒業生たちは青空の下で、写真を撮り合ったりして別れを惜しんだ。午後は大学院生2231人が巣立つ。

=2019/03/20付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]