熊本高3自殺 いじめ原因 第三者委が報告書提出 両親「寄り添ってくれた」

自殺した女子生徒の写真とともに記者会見に臨む両親=26日午後、熊本県庁
自殺した女子生徒の写真とともに記者会見に臨む両親=26日午後、熊本県庁
写真を見る

 熊本県北部の県立高3年の女子生徒=当時(17)=が昨年5月、いじめをほのめかす内容の遺書を書いて自殺した問題で、県教育委員会の第三者委員会「いじめ防止対策審議会」(会長・岩永靖九州ルーテル学院大准教授)は26日、調査報告書を宮尾千加子県教育長に提出した。女子生徒に対するクラスメートの発言など5件をいじめと認定し、自殺との因果関係も認めた。

 報告書によると、女子生徒は昨年5月16日の放課後に2年の男子生徒を撮影した動画に写り込んだ。翌17日に写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿された動画を見たクラスメート5人が、2限目の授業中に「死ね」「(別の男子生徒と)つきあっているのにだめじゃない」などと発言。女子生徒は3限目を終えた後に早退し自宅で自殺を図り、翌18日に亡くなった。

 第三者委は、2限目のクラスメートの発言や、クラスメートが2限後の休み時間に、動画を撮影した生徒のところに女子生徒を連れて行き、偶然写り込んだのかを確認した行為などを「いじめ」と認定。クラスメートの発言の一部は遺書にも記載されていることから「自死に至った要因と認められる」と結論付けた。

 報告書を受け取った宮尾教育長は「二度とこのような悲しい事案が起こらないよう、学校とともに取り組みたい」と述べた。

=2019/03/26付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]