-熊本県ニュースレター 2017年11月号- 知ればもっと好きになる、くまもと 魅力発信マガジン サンタクロースの聖地「天草」の最新クリスマス情報 

写真を見る
写真を見る
写真を見る
写真を見る
写真を見る
写真を見る
写真を見る
写真を見る
写真を見る
写真を見る
写真を見る

リリース発行企業:熊本県

「知ればもっと好きになる、くまもと 魅力発信マガジン」は、熊本県の観光や物産、歴史、芸術、文化、復興などの 旬の魅力を毎月お届けするニュースレターです。
天草の旬な食材と陶磁器がコラボした“あまくさ丼丼フェア”開催中!
また、潜伏キリシタンの里「﨑津集落」がついに世界遺産に登録!?


10月1日(日)~12月17日(日)まで、天草の新鮮な食材を、天草の誇る陶磁器でおもてなしさせていただく「あまくさ丼丼フェア」が開催中!合わせて天草周辺の観光情報もご紹介いたします!

●天草の海の幸・山の幸が詰まった丼が期間限定で楽しめる!

 天草には、ウニ・海老・タコなど新鮮な海の幸はもちろん、地鶏の天草大王や天草黒毛和牛なども豊富にあります。そういった天草の旬の食材を地元の陶芸家たちが丹精込めて焼き上げた器でいただく「あまくさ丼丼フェア」。日本で産出される陶石の約8割を占める「天草陶石」の島ならではの器と天草の旬の食材のコラボメニューが登場します。食事券がもらえるスタンプラリーや、熊本産の海の幸、山の幸を使ったキャンペーン「上天草どっちもよか丼」とのコラボレーション企画も開催されます。新たな参加店舗が6店舗増え、全34店舗が参加し、海鮮丼や天丼、天草大王、黒毛和牛の丼ぶりなどに加え、スイーツ丼も登場!新作どんぶりも17種類加わった全44種類の天草の魅力がたっぷりつまった自慢の丼をご堪能ください。
【開催概要】
日時: 2017年10月1日(日)~12月7日(日)
HP: http://www.t-island.jp/dondon2017
お問い合わせ:天草宝島観光協会
TEL :0969-22-2243 FAX 0969-22-2390
E-mail :info@t-island.jp

●一緒に楽しめる天草の周辺観光スポット

﨑津集落

 天草地方は、日本におけるキリスト教の歴史を象徴する集落や遺跡がたくさんあり、現在世界文化遺産への登録を目指しています。約450年前にキリスト教が伝来して以来、天草でも多くの住民がキリシタンとなりました。その後も、江戸幕府によるキリシタン弾圧と250年の禁教、解禁後の復活という歴史を経て、独自の文化や伝統が今に残ります。

イルカウォッチング

 五和町沖合の海域には、潮流と起状にとんだ海底によって魚類の宝庫となっていて、これをえさにミナミハンドウイルカ約200頭が日本近海では希といわれる根付きのイルカが生息しています。イルカマリンワールドでは過去5年間で95%の遭遇率で、会えなかった場合、無料で再トライできます。

三角西港


 三角西港は、1887年(明治20年)に明治政府の殖産興業の政策に基づいて、オランダ人水理工師の設計により築港されました。756メートルにも及ぶ石積みの埠頭や水路、建造物などは築港後130年以上の歴史を持ちながら、築港当時の姿が現存している唯一の港であり、「明治日本の産業革命遺産」の構成資産として世界文化遺産に登録されています。

サンタクロースの聖地“天草”、クリスマスイベント多数開催!
銀天街がサンタになれる商店街に!天草各地でイルミネーションも!

 天草では約450年前に西洋文化が伝来して以来、キリスト教の信者が多く、どんな時代背景であってもクリスマスを祝ってきました。そのため、毎年クリスマスにはサンタクロースの聖地としてさまざまなイベントやキャンペーンを開催してきました。サンタの格好をしていると料金割引が受けられる「サンタ割」や、サンタの格好でゲームに挑戦をする「サンタクロース・チャレンジ」が開催されます。その他、11月25日~12月23日まで毎週土曜日にクリスマスマーケットが開催されたり、天草の各地でクリスマスイルミネーションが楽しめ、首都圏を中心に活動するアーティスト「KLOKA」がプロデュースした特別な記念写真が撮れるフォトスポットも設置されます。サンタになって「天草ならではのクリスマス」を楽しむのはいかがでしょうか。
【お問い合わせ】 あまくさン・サンタ推進協議会事務局
天草宝島観光協会  TEL: 0969-22-2243   
天草市観光振興課  TEL: 0969-32-6787
HP: http://www.t-island.jp/santa/

直径26cm!ギネスブックに登録された世界一の特産品晩白柚。
日奈久温泉では親子でも楽しめる「ばんぺいゆ風呂」がスタート!


 八代地域特産のジャンボかんきつ類「晩白柚(ばんぺいゆ)」の収穫が6日に始まりました。本格的に店頭に並ぶのは12月初めからで、年末年始の贈答用として人気が高いです。晩白柚の特徴はなんといってもその大きさで、直径20センチ前後、重さは約2キロもあります。平成26年に収穫された晩白柚は直径26cm、重量が4859.7gもあり、最も重いザボン類としてギネス世界記録を持っています。

●冬の風物詩 日奈久温泉「ばんぺいゆ風呂」
 八代市にある日奈久温泉一帯で、毎年恒例の「ばんぺいゆ風呂」 が12/9(土)よりが始まります。日奈久は熊本県最古の温泉地です。その中でも、創業100年を迎えた『金波楼』は平成21年に国重要文化財に指定されました。木造三階建ての宿で、お部屋や大階段も見どころで、庭では四季の花を楽しむことができます。
【お問い合わせ】
日奈久温泉観光案内所 (日奈久ゆめ倉庫内)
TEL:0965-38-0267
晩白柚風呂実施期間:12/9~1/31

県内には54ヵ所もの温泉がある 『温泉天国』熊本!
寒くなり過ぎない今だからこそ最高に気持ちいい「あし湯」をご紹介


 紅葉が各所で始まり、秋から急に足が冷える季節になりました。先月からお届けしている温泉特集ですが、今月は外で紅葉を楽しみつつ、のんびり温泉を楽しめる「あし湯」をご紹介します。

●飲泉場もある!湯の端公園 「あし湯」

 公園内にある無料足湯で8~22時まで利用できる公共の温泉施設。平成12年(2000年)にはNHKの連続テレビ小説のロケ地にも使用されています。泉質はアルカリ性単純温泉で湯温は35.9度とぬるめで、神経痛や関節痛に効くといわれています。また、足湯のほかにも公園内には飲泉場も設けられていて、こちらは消化器病に効くそう。
住所:熊本県山鹿市山鹿1565-2
TEL:0968-43-1579(山鹿市商工観光課)
利用可能時間: 8時~22時

●美術館も足湯も両方楽しめる!菊池夢美術館横 「あしゆ隈府」

 菊池夢美術館は、女性の手仕事展、夫婦の手紙・絵手紙展などの展示が行なわれ、春には「菊池わいふのひなまつり」のメイン会場となります。すぐ横には日本名湯百選に選ばれた菊池温泉の源泉かけ流しの無料足湯があり、市民の憩いの場になっています。誰でもすぐに立ち寄れる、「ほっ」と癒やせる場所として県内外からたくさんの方が訪れます。少し熱めの湯が心と足をホカホカと温めてくれます。
住所: 熊本県菊池市隈府1273-1
TEL:0968-23-1155
利用可能時間: 9時~18時
●夜はライトアップも!立願寺公園 「しらさぎの足湯」

 立願寺公園は市民や玉名を訪れた人たちに気軽に温泉を楽しんでもらうために憩いの場として設置されたもので、旅館の跡地を利用して、園内には「しらさぎの足湯」という約41度の温泉が24時間流れています。間接リウマチ、神経痛、皮膚病に効果があり、新陳代謝を促し、自然治癒力や免疫力を高めてくれます。 「しらさぎの足湯」には腰掛けられる東屋のほかに、足つぼを刺激する小石が埋め込まれた「健康園路」も楽しむことができ、温泉の真ん中に置かれたイスに腰かけて読書をする地元の方も多く見られます。
住所:熊本県玉名市岩崎385-1
TEL: 0968-75-1124
利用可能時間:24時間

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]