博多三氣のリアルすぎるチルド麺が九州のイオンのお店で販売スタート

写真を見る
写真を見る

リリース発行企業:株式会社博多三氣

元祖替玉10円とんこつラーメン専門店博多三氣を運営する株式会社博多三氣(岩本志郎社長、本社福岡市)とフーズアンドフーズ株式会社(田中健惠社長、本社朝倉市)が共同開発したレンジで調理するチルド麺『博多三氣あっさりとんこつやる氣ラーメン』が、九州のイオンのお店(一部店舗除く)で12月7日より販売開始します。価格は税込540円。
博多三氣が同社の持つ麺とスープの独自製法を技術供与、レンジ用にチューニングし、さらに原料も店舗と同じものを提供しているため、麺もスープも本物。
当然、店舗と違い替玉はできないが、チルド麺なら思いついた時にリーズナブルに自宅に持って帰れます。近年はイートインスペースを設けているスーパーも増えてきているので、買ってその場で食べれるのと、皿洗いやごみの処理も不要であることも魅力。
レンジで簡単。手軽にお店と変わらない味。ぜひ、お店と食べ比べをしていただきたい自信作です。
https://hakata-sanki.jp/


元祖とんこつラーメン専門店博多三氣について
福岡市近郊を拠点に熊本・東京で店舗展開している博多とんこつラーメンの専門店。
福岡県産ラーメン専用小麦 ラー麦100%の自家製麺と老若男女を問わず楽しめるあっさりスープ。
替玉は何玉でも10円。
一般的に麺は、コスト面と麺づくりの難しさから、外国産小麦を利用するラーメン店が多い中、あえてコストの高い国産小麦のみにこだわるのは、国内の農業の活性化に貢献したいという思いと、食の安全性にこだわったからです。
麺、スープ、チャーシュー、ねぎ、餃子などほとんどの食材を九州内で調達し、地産地消にこだわったラーメンを提供しています。
店内の作りは博多の祭り 「博多祇園山笠」、「博多どんたくみなと祭り」をモチーフに、屋台を彷彿とさせるカウンターで、博多の街の魅力を楽しみながら、ラーメンを食べることができます。
なお、店内はカウンター席の他、ボックス席や座敷もあり、小さなお子様連れでも安心してご利用いただけます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]