モノづくりベンチャーを目指せ!「第5回ソレコン」は2018年1月から。

写真を見る
写真を見る
写真を見る

リリース発行企業:タカハ機工株式会社

2014年に始まったタカハソレノイドを使用したおもしろ発明品コンテストは全応募作品140作品。動画を見て企業からの問い合わせもある「役に立たなさそうで役に立つ」発明品は動画投稿で応募できます。
 タカハ機工株式会社(福岡県飯塚市)がソレノイドを使ったおもしろ発明品のコンテストを開催します。
今回は5回目。工業系学生、高専生、親子、理系女子、社会人、元エンジニアのシニアまで自由な発想で個性豊かなソレノイドを使った発明品が応募され、タカハ機工のソレコンページでは全作品を見ることができます。
(ソレコン過去の全作品)
http://www.takaha.co.jp/solcon/kako.html
 応募期間は2018年1月9日~2月13日。大賞には賞金10万円とソレノイドギフト券5万円(その他各賞あり)。
審査委員長は今回も明和電機の土佐信道社長。副審査委員長は理系漫画家の見ル野英司氏。両氏は国内のものづくりコンテストの審査を数々こなしている審美眼の持ち主。
その中でもタカハ機工ソレコンは、タカハソレノイドを使っていればどんな作品でもOK。メカニカルな作品からバカバカしい笑えるものまで広く募集します。

ソレコンポスターも実は「ソレコンポスコン」で全国の学生を対象に毎年開催される。第5回ソレコンポスターはHAL名古屋の安井 大平さんの作品。全国の高専、工業系大学、ファブラボなどに貼られている。

前回第4回のソレコンには全41作品が応募され、ソレコン大賞は地元九州工業大学の ものづくりグループ「
NEXT+α 飯塚支部」さんが受賞。彼らはソレコンでは毎回応募、毎回いろんな賞を受賞している。

(第4回 ソレコン大賞 「日めくりメクリッパー」
https://youtu.be/BO7P1etITss

第5回ソレコンの応募開始は2018年1月9日からタカハ機工のホームページより動画投稿可能。
まだまだ間に合うので、是非応募してみてはどうだろうか?

(第5回ソレコン概要)

●応募資格 ものづくりが好きな人ならだれでも(グループも可)
●応募受付期間 2018年1月9日(火)~2月13日(火)
●応募方法 タカハ機工ホームページからご応募ください。

作品内容を記入、写真・動画(2分以内)を投稿して頂きます。
(動画製作が困難な場合は、資料を提出していただくと弊社で動画にいたします)

●作品の条件
1.タカハソレノイドを使用していること
2.縦・横・高さは概ね各50cm以内とする
3.何度動かしても壊れない丈夫なつくりであること。

●作品の公開等 入賞した作品は、弊社ホームページにて公開。
また、弊社が出展する展示会等のブースに展示させていただきます。

●賞および副賞
1. ソレコン大賞 1作品 (賞金10万円 ソレノイドギフト券 5万円分)
2. 技術賞 1作品 (賞金5万円 ソレノイドギフト券 3万円分)
3. いいね!賞 3作品 (賞金3万円 ソレノイドギフト券 2万円分)
4. イグソレコン賞※ 1作品(賞金2万円 ソレノイドギフト券 1万円分)
※ あまりにバカバカしく役に立たないもの

●タカハ機工ホームページ http://www.takaha.co.jp
●ソレコンページ http://www.takaha.co.jp/solcon/index.html
●ソレコン応募要領 http://www.takaha.co.jp/kokuchi/index.html


お問い合わせは solcon@takaha.co.jp 茶園または山川まで

※「ソレノイド」は自動車をはじめ、自動販売機や銀行ATM、ドアの自動ロック等、身の回りにある多くの製品に使用されているモーターのような駆動部品。ロボコンにもソレノイドが多く使われている。
ソレノイドを製造、販売するタカハ機工株式会社(福岡県飯塚市)は、9年前からソレノイドメーカーとしては珍しいメーカー直販サイトを運営しており、65機種269製品を国内外に販売。メーカーは新製品の試作用として、一般購入者はロボコン、ソレノイドを使った趣味の発明品などに使用。同社には趣味の発明品の情報が多く寄せられるようになり、本コンテストを開催するきっかけとなった。





企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]