住宅不動産業界初! AI(人工知能)を搭載した会員制不動産検索サイト構築システム「エステートロボ」を2018年春リリース!

写真を見る

リリース発行企業:株式会社スマートブレイン

福岡を拠点として全国各地の住宅不動産会社向けに生産性を高めるツールやシステムを企画販売するベンチャー企業の株式会社スマートブレイン(本社:福岡市中央区薬院 代表取締役佐田勉https://www.smartbrains.jp)は、2018年春のリリースを目標にAI(人工知能)を搭載した会員制不動産検索サイト構築システムの開発に着手した。
スマートブレインの代表は、不動産会社出身で年間個人売上九州No.1の営業実績、商品企画・広告・広報責任者の経験、そして、在籍していた不動産会社の関連会社であるWebマーケティング会社に転籍後15年以上携わったWebマーケティングとWebシステム開発の経験を活かし、AI(人工知能)エンジンを搭載した「エステートロボ」の開発に着手した。

これまでの経験を活かし、営業・事務・広告・Webマーケティング・システム開発のあらゆる視点から検討し効率化・自動化を追求させる「エステートロボ」は、「会員制不動産検索サイト」がベースである。その検索サイトで集客した会員(会員化)に対して、アポイントや物件案内などの「追客(ついきゃく)」という一連の営業活動が実施されるのであるが、集客した会員を追客し「来店」や「物件案内」そして「契約」まで誘導できるのは担当営業の追客活動次第であるというのが現状である。実力のある営業担当であれば問題はないが、新人や営業経験が少ない担当営業は、会員の様々な購入条件や会話や質疑応答などから判断するいわゆる「気付き」は、なかなか分からないのが実態である。そうした新人や営業経験が少ない営業担当の追客活動を支援するには実力のある先輩営業社員や上長の指導およびアドバイスが必須ではあるが、多くの会員に対して1件1件時間を割いてまでは徹底できないという課題があった。その課題を少しでも省力化する事ができれば、新人や営業経験が少ない営業担当の営業力の底上げだけでなく、実力のある営業担当や上長の生産性を高める事ができるのではないかという着眼点で「AIによる追客支援アドバイス機能」を搭載する。

これからのAIは精度が求められるが、エステートロボの「AIによる追客支援アドバイス機能」の初期設定は、スマートブレイン代表の経験によるノウハウだけではなく、新築物件や「中古+リフォーム事業」の営業力で評価の高い不動産会社の株式会社ホームスターク(福岡市中央区薬院、代表取締役原康史 http://www.claseek.jp/)の全面的な協力を得て設計されている。将来的には、今後導入させていただく全国各地の複数の不動産会社の事例(契約に至った事例・契約に至らない事例)を、個人情報や導入会社情報が特定できない状態でデータベースとして蓄積連結させていく事で、「AIによる追客支援アドバイス機能」の精度は高まっていく。つまり、「エステートロボ」の「AIによる追客支援アドバイス機能」は導入会社や登録される顧客(会員)情報が多くなればなる程その精度は高くなり、そしてさらに機能が進化していくような仕組みとなっている。

昨年から住宅不動産業界でもAIを活用した様々な商品サービスが発表されているが、その多くはいわゆる「エンドユーザー向け」であった。今回の「エステートロボ」の「AIによる追客支援アドバイス機能」は「エンドユーザー向け(BtoC)」ではなく「住宅会社・不動産会社向け(BtoB)」であり、そうした商品は住宅不動産業界では初めての取り組みである。
<エステートロボ(ESTATE ROBO)> ※商標登録出願済(出願番号2017-154759)
https://www.smartbrains.jp/estaterobo/

<本プレスリリースのPDFファイルはこちら>
https://prtimes.jp/a/?f=d30967-20180110-1099.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]