バニラビーンズ高騰も関係ない!?タヒチ産バニラをたっぷり使用した高級プリン!!

写真を見る
写真を見る
写真を見る
写真を見る

リリース発行企業:株式会社レジスタ

バニラビーンズ専門店【Vanilla-yA(バニラヤ)】(運営会社 株式会社レジスタ)では、タヒチ産バニラビーンズを現地の生産業者から直接仕入れ、タヒチ産バニラビーンズをたっぷり使用した高級プリンを2018年2月より販売開始しました。
近年、ハリケーンや生産量減少などの影響で、国内を問わず世界的に大高騰しているバニラビーンズ。
バニラの栽培は難しく手間もかかり、収穫量は天候にかなり左右され収入が安定しないことから、どんどん生産者は少なくなっています。
菓子製造業界では、バニラエッセンスやバニラペーストなどの加工品で代用したり、もはやバニラビーンズ自体を使用しないような商品を開発するといった"バニラビーンズ離れ"という状況が広がっています。

そんな中、株式会社レジスタは現地製造業者との直接のコネクションを活かすことで、タヒチ産バニラビーンズの優先的な仕入れが可能となり、新鮮かつ比較的安価のままお客様への販売が可能となりました。

市場に存在するバニラビーンズは、『タヒチバニラ』と『ブルボンバニラ』の2種類です。
タヒチ産バニラビーンズ(タヒチバニラ)は、世界で約1割程度しか流通していない希少性の高いバニラビーンズで ロー・ノワール(黒い金)とも呼ばれ、タヒチ国内においては黒トリュフより高い価格で取引されています。

普段から馴染みのあるブルボンバニラとは違い、華やかでスパイシーな香りが特徴的です。
また、ブルボンバニラに比べて水分量も多くジューシーで、さやの見た目も太くて肉厚。
スイーツは勿論ですが、海外ではお肉や魚介類など料理のスパイスとしての活用法もあります。
日本国内の流通量も非常に少なく、普段みなさんの身近にあるバニラはブルボンバニラがほとんどです。
そんな中、タヒチバニラの世界的な需要の高まりを受け、タヒチ政府は生産量拡大と価格安定のため巨額の補助金の交付を計画しています。
原産国としてもバニラの存在はそれほど重要視されているのです。
■タヒチバニラとブルボンバニラの違い


弊社は希少性の高いタヒチバニラを中心に商品開発を行いました。
あえてクセの少ない素材を使用しタヒチ産バニラビーンズの個性を最大限に活かした、香り高い高級バニラプリンです。




商品名:バニラプリン(6個セット)
価 格:3510 円

バニラビーンズ専門店【Vanilla-yA(バニラヤ)】
運営会社:株式会社レジスタ
https://vanilla-ya.fun

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]