ロボット同士がコミュニケーションを取り、共同作業!?建築施工ロボット “Carry” “Shot”が誕生

写真を見る
写真を見る
写真を見る

リリース発行企業:株式会社テムザック

株式会社テムザック(本社:福岡県宗像市、代表取締役:高本陽一)は、かねてより積水ハウス株式会社と開発を進めて参りました、2体の「天井石膏ボード貼り」建築施工ロボット、Carry・Shotを発表いたします。

<POINT>

ロボット同士でコミュニケーションをとり、“協調作業”を行う/AI技術
人間が施工をする場合も、お互いにコミュニケーションを取って作業を行いますが、2体のロボットも同様に、お互いに声掛けをします。それぞれの現在位置をお互いに教え合い、全体の作業がスムーズに進むよう自分でどの位置にいるべきか・どんな行動をとるべきかを判断します。また、作業の進捗状況や精度の必要な作業の際もお互いに話し合いフォローしあいます。
自律行動・衝突回避/自動運転技術
施工箇所により、石膏ボードの大きさは常に異なります。Carryは人間と同様に、持っている石膏ボードの大きさを把握し、そのサイズを含めて、今の自分の大きさを把握します。
石膏ボードを持っているCarryはShotへ自分の今の大きさを伝え、作業の優先度を考慮し、どちらがどちら側へ避けるべきかを話し合い、衝突を回避することができます。
足元が不安定な状況での、高精度な施工作業
人と同じように自由に動き回り、柔らかい足元や明るさが変わるといった不安定な環境でも、指先の精度を保ち四隅含む天井への正確なビス打ちができます。
■天井情報の認識・伝達
人の目でサイズを計測するのに代わり、Carryが施工箇所(天井)の正確な位置を認識します。把握した情報を、それぞれ、人にはぴったりと合う石膏ボードのサイズを、Shotには施工位置やビス打ち位置を伝えます。このような人と2体のロボットの協調作業により、石膏ボードの重なりや隙間がない、精度の高い作業を行うことができます。
■簡便性と頑強性を両立したハードウェア
大型の建築現場とは異なり、個人住宅への施工では、運搬が容易であることが必要です。そのためロボットは分割して作業現場に運び込むことができ、組み立ても短時間で行えます。また、そのような躯体であっても、従来の施工工数を保ちつつ、精度の高い作業を実現しています。また、Carryは重さの異なる石膏ボードを持っても、重さに応じた対応が可能なので、一連の作業に支障をきたしません。
<開発の背景>
積水ハウス株式会社より、建設業での施工従事者の不足による施工力の低下が懸念されており、施工従事者の確保が喫緊の課題となっているということを受け、今回のロボットの開発に至りました。
個人住宅での建築施工ロボットの開発には、ゼネコン等で活用されている大型や据付型の装置とは異なり、施工現場への搬入が容易で、機動力がある、小型化・軽量化されたロボットであることが必須でした。
そこで、人とほぼ同じぐらいの大きさの小型のロボット2体に分割し、それぞれ異なる機能を持たせ、ロボット同士の協調作業を行わせることとなりました。
その結果、従来では考えられなかった高度なコミュニケーションを、ロボット同士で自発的に行い、自分達で判断し、お互いに協力して作業を行うロボットを開発するに至りました。

【株式会社テムザック 会社概要】
2000年に福岡県北九州市で設立されたサービスロボットのパイオニアメーカーです。
スマートモビリティ、医療シミュレーター、災害救助、コミュニケーションロボットなど多種多様なロボットの開発、販売を手掛けています。
福岡(本社)、京都、横浜、台湾、イギリスと国内外に5拠点を持ち、グローバル展開しています。
■代表取締役:高本 陽一
■設立日  :2000年1月 
■URL    :http://www.tmsuk.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]