森永製菓とヤマップが、山での栄養管理の“い・ろ・は”を伝授!

写真を見る
写真を見る
森永アクセラレータープログラム2017 ビジネスプランコンテストの様子
森永アクセラレータープログラム2017 ビジネスプランコンテストの様子
写真を見る
写真を見る
写真を見る

リリース発行企業:株式会社ヤマップ

登山アウトドア向けアプリ・WEBサービス「YAMAP」を運営する株式会社ヤマップ(福岡市、代表取締役 春山慶彦、以下ヤマップ)は、森永製菓株式会社(東京都港区芝 代表取締役社長・新井 徹)と共同で、山での栄養管理と行動食をまとめたWebサイト「山おやつのススメ」を8月11日の【山の日】に向けてオープンいたします。 https://cp.yamap.com/morinaga/
森永製菓が運営する森永トレーニングラボでは、契約するトップアスリートのコンディションづくりのためのトレーニングと栄養指導を行っています。この度、森永トレーニングラボ管理栄養士(清野 隼)が監修し、登山前、登山中・下山中、山頂、下山後などの場面ごとに必要とされる栄養素と、推奨する食品やおやつについてまとめたWebサイト「山おやつのススメ」をオープンしました。また、登山時の水分補給に関しても、夏の低山で気温が高い、高山や冬で気温が低い、標高が高いなど、登頂する山の環境に合わせて細かく説明しています。ぜひ山登りの際にご活用ください。

例)登山時の水分補給について
日本生産性本部の『レジャー白書』によれば、2000年代前半から後半にかけ、600万人台だった登山人口(年に1回以上山に登った人の数)は、09年に一気に1230万人へと倍増。その後、15年には730万人まで減少しましたが、直近は健康志向を背景に再び増加に転じるなど、依然として山ブームが続いています。森永製菓では「山おやつ」は登山者にとって大切な栄養補給であると考え、所属する栄養士やトレーナーの知識や、おすすめ商品の情報を提供することで、山ライフをより一層楽しんでいただきたいと考えています。

▲△株式会社ヤマップとの取組み背景

ヤマップの運営する「YAMAP」は、携帯電話の電波が届かない山の中でも現在地を確認できるスマートフォンアプリと、日本最大の登山コミュニティサイトで構成されるサービスです。2013年1月にサービスをリリースして以来、登山地図と情報コミュニティをワンストップで提供する点が多くの登山者に支持され、現在は会員数が100万人に迫るまでに成長してきました。
ヤマップは2017年に開催された「森永アクセラレータープログラム2017」にて優秀賞を獲得しました。アクセラレータープログラムとは、企業間(企業と個人事業)のリソースを活用し補いながら新規事業を創出する手法です。森永製菓はヤマップと取り組むことで、所属する管理栄養士やスポーツトレーナーの知識や販売している商品情報の登山者への提供や、新商品開発のきっかけづくりを行ってまいります。

▲△監修した管理栄養士について
清野 隼 (せいの じゅん)
森永製菓マーケティング本部 健康マーケティング部 森永トレーニングラボ管理栄養士
筑波大学大学院・特任助教
チーフスポーツ栄養士として、これまでトップアスリートを含む幅広い種目のサポートを歴任。現在は、筑波大学大学院にて競技力向上を目的としたコーチングにおいて、効果的な栄養サポートを行うために必要な統合要素について明らかにすることを研究テーマとしながら、特任助教の職に従事している。

【YAMAPについて】
電波が届かない山の中でも、スマートフォンのGPSで現在地と登山ルートがわかる、“安心安全“の登山アプリ。山行の軌跡や写真が活動記録として日々投稿されているので、山の情報収集に活用したり、全国の登山好きと交流することもできる、日本最大の登山・アウトドアプラットフォームです。
URL:https://yamap.co.jp/

【株式会社ヤマップについて】
代表者名:代表取締役 春山慶彦
本社所在地:福岡市博多区綱場町2-2 福岡第一ビル6F
資本金(資本準備金を含む):13億7324万円
事業概要:
1. 登山アウトドア向け WEB サービス・スマートフォンアプリ「YAMAP」開発・運営
2. 登山アウトドア 道具アプリ「YAMAP Gears」開発・運営
3. 登山アウトドア イベントアプリ「YAMAP Events」開発・運営
4. 自然愛好者向けオウンドメディア「.HYAKKEI」運営
5. 山岳保険「YAMAP アウトドア保険」販売会社
URL:https://corporate.yamap.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]