宮崎の新ご当地スイーツが誕生!

写真を見る
写真を見る

リリース発行企業:株式会社南国CBF

プレスリリース                         2019年3月26日
株式会社南国CBF

宮崎の新ご当地スイーツが誕生!
青空を表現したブルーのプリン?!
宮崎発プリン専門店「南国プリン」が3月28日オープン

宮崎県都農町を拠点に地域食材のブランディング事業等を手掛ける株式会社南国CBF(代表取締役社長:河野 当将、所在地:宮崎県児湯郡)は、今までにない宮崎の新定番土産の開発と、地元への貢献を目指して、南国宮崎の魅力が詰まったプリンを提供するプリン専門店「南国プリン」を2019年3月28日(木)にオープンすることをご報告いたします。

詳細:http://nangoku-purin.com/#about


南国宮崎の魅了を詰め込んだプリン専門店「南国プリン」とは
宮崎は昭和30年代後半から50年代初めにかけて新婚旅行のメッカとされ、たくさんの若者が訪れました。ピーク時の昭和49年には日本全国で結婚したカップルのおよそ3組に1組が宮崎にて新婚旅行をしたと言われています。その当時の煌びやかさをプリンで表現し、あの頃のような賑わいを再び宮崎に起こしたい!そんな思いで子供から大人まで楽しめ、宮崎の新名物になりうるプリン専門店をオープンいたしました。

「南国プリン」は若草通商店街の入口すぐ横に位置しています。若者や観光客の商店への誘致を図ることや、商店街に来ていただける1つのきっかけとなるべく、商店街活性化にも積極的に寄与したいと考えております。ロゴには宮崎県民にゆかりの深いフラミンゴをデザインし、親しみやすく仕上げました。店舗の2階にはイートインスペースを完備しています。お買い上げいただいたプリンを食べながらちょっとひと息、可愛い写真スポットわくわく、皆様に楽しんでいただける空間になっております。

南国宮崎のどこまでも続く青い空を表現した「南国プリン」
宮崎は日本とは思えないまるでどこか異国のような魅力を持った県です。数々のビーチが存在し、どこまでも広がる空と海は沖縄や海外に引けを取らないほどの絶景です。「南国プリン」はそんな白い入道雲の浮かぶ「南国の透き通った青空」を表現したプリンです。「南国プリン」は3層になっており、1層目には宮崎の入道雲を表現した生クリーム、2層目にはラムネ味の透き通るようなブルーのジュレ、3層目にはなめらかプリンが詰まっています。宮崎県産のコクのある牛乳と希少価値の高いマダガスカル産のバニラビーンズで仕上げた、なめらかで濃厚なプリンとさっぱりしたラムネのジュレの相性は抜群です。

その他にも宮崎産のいちごを使用した「生いちごプリン」、宮崎と言えば「南国マンゴープリン」、とろけるようななめらかさがクセになるプレーンタイプのプリン「テゲセボン」を発売致します。

「南国プリン」の7つのこだわり

宮崎がハネムーンブームに沸いた当時の煌びやかさを表現した宮崎の新名物
思わず写真を撮りたくなるようなレトロかわいい店舗
地元から観光客、子供から大人まで愛着を持っていただけるフラミンゴを冠したロゴ
提供するプリンは全て店内の工房で製造した新鮮で美味しいプリン
“うまみ”を強く感じやすい!宮崎県松浦牧場の低温殺菌ノンホモ牛乳を使用
香り高く、味わい深いマダガスカル産の天然バニラビーンズを使用
カラフルなプリンで宮崎を表現
今後の展開
今後は地域を巻き込んだ新商品作り、商品名の募集など子供たちが楽しめるイベントも開催予定です。
また、さらなる商品開発として宮崎県産の素材を活かしたプリンを皆様にお届けしてまいります。「南国プリン」で宮崎をもっと元気にするべく、美味しいプリンを一生懸命作り続けていきます。

店舗概要
店舗名    :南国プリン
所在地    :宮崎県宮崎市橘通東3丁目2-10
        若草通入口すぐヨコ
営業時間   :10時~19時(月曜日~土曜日) 9時~18時(日曜日・祝日)・定休日:火曜
店舗紹介サイト:http://nangoku-purin.com/#about
電話番号   :0985–22-5668
メールアドレス:info@nangoku-purin.com 
※取材やご掲載依頼に関しましては株式会社 南国CBFの河野が承ります。お電話やメールにて「南国プリン」の取材の件でとお伝えいただけますとスムーズにご対応可能です。

会社概要
社名  : 株式会社南国CBF
代表者 : 代表取締役社長 河野 当将
所在地 : 〒889-1201 宮崎県児湯郡都農町川北4858-2    
TEL   : 0983-25-1686
FAX   : 0983-32-0020
URL   : http://www.nangoku-cbf.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]